2009 / 08
≪ 2009 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2009 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日父が内視鏡による胃ろうの手術を行った。
20分程度で、衣服も着たままで簡単に終わったようだけど
5日~一週間程度は入院するらしい。

母が家で食べさせる分にはまだまだ口から物を食べることができるが
ショートステイの時などはなかなか難しいようで・・
誤飲などがあっては困るので今のうちに、と。

顔を見に行ったけど、まあ普段通りで心配はなさそう。
大部屋なのだけど、周りが重症患者のお年寄りが多くて・・
父が普段より元気に見えたよ・・^^;

昔、今の病気とは違うけど父が手術をした時には
集中治療室にいる父の姿を見ただけで気分が悪くなってしまった私だけど
最近じゃ、病院っていうものに慣れてしまったみたい・・(笑)


スポンサーサイト

弱ってるなぁ・・・と感じる。。
父の様子。。。

今日は母が父の病院で今後の介護計画などの話があり留守にするので
10時前から14時過ぎまで実家で父と二人お留守番。
普段何もしてないので、私に介護ができるわけでもないが
そのくらいの時間は「とりあえずじっとしててくれれば大丈夫だから」と母がいうので
二人で朝ドラ再放送や高校野球を見ながら
時々話しかけたりしてのんびり過ごす。

父と二人で過ごす時間・・・いつぶりかなぁ・・・
何度も書いてるけど、なんせファザコンな私(笑)
成人してからは二人きりで飲みに行ったりもしたし
父と話すのが大好きだった。

今は話しかけてもほとんど答えは返ってこないけれど
でも、私の声は聞えているので手振りで反応してくれたり
少し首を動かして「うんうん」と返事してくれたり。
切ないけれど・・・でもちょっとでも「会話」ができるのが嬉しい。

だんだん食事が大変になってきたようで
近々栄養をとるチューブを入れる手術をするかも、
という話で今日母が出かけたわけだけど
帰宅して遅い昼ご飯を食べるのを見てると
今日は結構たくさん食べられていてホッとした。
でも
食事の途中で赤ん坊のように眠くなってしまう様子を見てると
本当に逢うたびに悪くなってて気がめいる。。



私は先日19日で手術から7年たち、あと3年で術後10年を迎えられる。
父と母はあと5年で金婚式を迎える。

まず私があと3年頑張るから、
二人も金婚式を目指して頑張って欲しい。

まあ、「頑張る」って書いたけど、
あまり頑張りすぎずにお互い楽しく生きていきましょう~



今日も歯科受診。
抜いたところを綺麗にしてもらって
まだ少し歯茎が腫れているので薬を注入。

次は乳腺外科受診日を同じにしてもらったので2週間後。
それまでに問題がなければ、他にあるちっちゃい虫歯の治療をすることに。
今のとこ「親知らずを抜く」という選択肢は間違ってはいなかったようだ。(ホッ)


それ以外の体調もまあまあ。
足のだるさは相変わらずで・・・
んー。ちょっとはよくなったような、そうでもないような・・
日によって違うからなんとも・・・
タキソテールなどの副作用なのか
ハーセプチンの心臓への負担によるむくみなのか
そのへんも原因がハッキリしないし。

声嗄れはかなり改善されている( ̄ー ̄)v ブイ!
しゃべりすぎたり、レッスンの終わりごろになると
(ようは、喉を使いすぎると)
声が出にくくなるけども、普段は概ね普通にしゃべれるようになった。

あとは、指先のしびれ&爪の変形だな。
これが治らないと、長時間ピアノが弾けない。。
今はリハビリ期間と称して、
少し弾いては休み、また弾いては休み、、、を繰り返すことにしてるけど
結局集中力が続かないんだよなぁ。。


まあ、抗がん剤休止したからといって
いっぺんに健康体に戻るわけでもないし
ぼちぼちやっていくしかないね。

あ、「毛」は少しずつ生えてきています(笑)





お亡くなりになったんですね。。

父がね。
似てるって言われてたんですよ。
雰囲気がね。
今の父からは想像も出来ないけど・・・
山城さんも晩年は似たような感じだったのかなぁ・・・

死因が「嚥下障害による肺炎」ということで
他人事じゃないね、と母と話をしました。

父も以前に同じような状況になり
もうダメかも?って心配したことがあったし
私も反回神経麻痺がひどい時は何度も咳き込んで大変だったし。

普通に食事ができる、美味しく物が食べられる、
それがどんなに素晴らしいことか、
改めて思う。

山城さん、ご冥福をお祈りします。


今日は朝一心エコーの検査。
終わって診察と治療(点滴)。
お昼食べて
午後一でCT撮影。

昨年の今頃はちょうど具合が悪くなってきた頃で
検査もずいぶんやったけど
最近はとりあえず治療に専念って感じで
マーカーも下がり傾向だったから
検査自体が久々ですっごい疲れた・・

色々あったから書こうと思ってたけど
帰宅してからずっと・・さっきまで寝てたので(笑)
頭ボーっとしてる・・・

とりあえず、マーカーは今回も下がっていた( ̄ー ̄)v ブイ!

火曜日の抜歯の経過は良好で
眠れないほどの痛みとかは全くなく
まだ少し鈍痛のようなものがありますが
おそらく何事もなく済むのでは、と思っています。

一番心配だったのは、
ゾメダ(ビスホスホネート)を6月まで点滴していたことによる
顎骨壊死なんだけど、それはまだ今後の経過をみないとわからない(怖)

ところで。
先日友人にも「抜糸も痛いよ」なんて言われたし
今日某掲示板で親知らずの話題になっていてそこでも「抜歯の後の抜糸」の話が・・

えっと~
私縫わなかったみたい・・(みたいって・・笑)
いや、縫ってないなぁ。
だって、ガリゴリガリゴリ・・スコン、あーやっと抜けた~。
はい、軽くうがいして~消毒して~止血して~終了。
だったと思うもん。
いくらなんでも縫ってたら気づくよね?(笑)

切開が必要な抜歯だと縫うんだろうなぁ~。
てか、昔からずっと、この歯を抜くには切開が必要だと言われてたんだけどね。。
やっぱりそこが町医者と大きな病院の差なのだろうか・・?


そういえば、
乳がん手術の痕もね、
それはもちろん切ってるけど、縫い目はないの。
「中縫い」なんだって当時先生が言ってた。
てっきりフランケンシュタインみたいな痕が残ると思ってたから
「へーー中縫いってあるんだー」ってビックリした覚えがある。
糸も自然に溶けていくから抜糸もなかったしね。



もう~大変でした~・・・

昔から「良くない歯」があって
それが、左下の親知らず。
隣の歯が虫歯になりやすいし、
疲れると痛んだり・・・
早く抜けばよかったんだろうけど
とにかく横になって生えてるし
子供の時から行ってた町医者じゃちょっと怖くて抜けない感じで・・

そうこうしてるうちに、乳がんになって歯どころじゃなくなったし
治療が一段落したときになんとかすればよかったんだよね~。
でも結局転移してまた抗がん剤治療はじまちゃったし。

そんなわけで長年連れ添ってきた親知らずでしたが(笑)
抗がん剤が休止になった今を逃さず!ってなわけで
普段通ってる病院の歯科で抜歯してきました!

しかし。
冒頭書いたように、
マジ大変でした・・・
相当しっかりと骨にくっ付いていたようで
最後の最後は主治医、若手の先生、ベテランの先生、看護士さん、
4人がかりで交代交代必死の作業。。
結局1時間以上かかってようやく抜けました。
その後止血と消毒して、なんだかんだで2時間はかかった・・

今夜は痛みが出るかもしれないなぁ。
もちろん痛み止めと抗生物質はもらってるけど。。

そして、なんといっても、
美味しいものを食べられないのがツライ・・・^^;


プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2009年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ぴあの♪

Author:ぴあの♪
「めぐる想い」へようこそ!
自宅でピアノを教えています。
2002年夏に乳がん摘出手術を経験。ようやく術後治療も一段落!と思ったら、2007年ついに転移が発覚!またまた治療の日々が続くことに~そんな私が日々の出来事を綴ります。

2002年7月~2009年6月の闘病記はこちら↓
ピンクのリボン

FC2ブログランキングに参加しています↓
ブログランキング

人気ブログランキングにも参加しています↓
人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。